Carry Stool

 Carry Stool, Ishinomaki Laboratory 

’Empty your tray, turn it upside-down and sit on it.’

 

A set of stacking stools, which can be upturned and used as a carrying container or tray. It is useful for gardening - you may sit comfortably and carry your harvest home.

 

Ishinomaki Laboratory was started after the Tohoku earthquake in 2011 - a volunteer team making simple furniture for temporary houses.  Now the Laboratory has grown and is employing local people, selling products worldwide.

『物を入れて運び、ひっくり返して座る』

 

「キャリー・スツール」は小脇にかかえて持ち運ぶ座具です。ガーデニングの膝への負担を減らし、収穫を入れて持ち帰れます。

 

石巻工房は東北大震災の復興と同時に始まりました。地域とのDIYワークショップを続け、メーカーとしても世界各地に商品を送るまでに成長しています。

 

2016年に芦沢啓治建築設計事務所がデザインした東北スタンダードマーケットの店舗にて、照明を組み込んだ展示棚としてCarry Stoolが使われています。

Material:

Cedar 

Size:

W 430 / D 140 / H 200 mm

Carry Stool (3 of 7)
Carry Stool (1 of 7)
Carry Stool (4 of 7)
Carry Stool (5 of 7)
Carry Stool (7 of 7)
Carry Stool (6 of 7)
Carry Stool (2 of 7)

© 2020 - tna design studio