Portfolio Case Study

DesignTide 2007

Maxray, 2007


Paper and light installation at Tokyo DesignTide, October 2007.

space:
W 3,500 / D 4,000 / H 4,000 mm

Little Woods:
W 250 / D 120 / H 240 mm

Space was designed to launch new table lamp 'Little Woods' from Maxray, Japan.  Paper is sponsored by Takeo, Japan.  The lamp shade of Little Wood is made 'Pachika', a special paper, which you can make ranslucent patterns by heat press.  Hanging installation of this Pachika paper shows effect of this paper and techunique, as well as playing light and shadow of layers of paper.

 

熱したプレートを押し付ける事でパターンに透光性を持たせる「パチカ」という特殊紙を使い、そ技法を使ってランプシェードをデザインした「Little  Woods」を発表するための空間として、DesignTide 2007の中で展示されたインスタレーション空間。パチカ紙の特徴とその可能性を光と影のインスタレーションで展示し、木漏れ日の射す冬の木立を歩く印象をランプで再現するという「Little Woods」と「Twiggy Lamp」のコンセプトを空間で表現した。

協賛:マックスレイ竹尾